ニューヨーク株式市場・市況

ニューヨーク株式市場・市況のページを説明

スポンサード リンク
最新の記事

●NY株式市場、反落。日本株ADRもほぼ全面安。

株式投資情報/株式市況 | 株ブログ


<ニューヨーク株式市場(27日)>

27日のニューヨーク株式市場は大幅反落となった。
ダウ工業株30種平均は前日比173ドル47セント安の8300ドル02セント、ナスダック総合株価指数は19.35ポイント安の1731.08で取引を終えた。

前日が大幅高となったことから利益確定の売りが出やい状況にあったうえ、午後から米国債利回りが上昇したことを受け、企業や消費者の借り入れコストが上昇し、景気回復が遅れるのではとの懸念が広がった模様。

ダウ平均は前日の上昇幅(196ドル)の約9割を削った形となった。



<日本株ADR>

27日の米株式市場での日本株ADRはほぼ全面安となった。

NYダウ平均が大幅反落となったことを受けて、売られる銘柄が目立った。

ソニーや日立、キヤノンが3%超の下落。
みずほFGやオリックス、三菱UFJの金融株も軟調。
トヨタ自動車、日産自動車、ホンダなども売りが優勢だった。

一方で、アドテストが小幅に上昇した。



☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★

『マーケットから現金を強奪できる最強の投資法です。』

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.tmaweb.biz/11017/


実践して約半年間トレード画面に張り付くこともなく
余裕と時間を持って取引をすることができました。

しかし、現金は増え続け今では1000万円以上の預金があります。
未だに50万円以上利益がでなかった月がありません。

ありえません。

マーケットから現金を強奪している感覚です。
すでに勝ちすぎて感覚が狂い始めています。

条件が揃えばかって条件が揃ったら売る。
それだけの単調な作業でこんなにも現金が手に入る
この方法は本当に広まりすぎると危険だと思います。

これ以上にカンタンに稼げる投資法は
おそらくこれが最初で最後なのではないのでしょうか?


加藤さん、あなたには脱帽です。


■詳細はこちら → http://www.tmaweb.biz/11017/

 
☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★

★NY株式市場、反落。ダウは62ドル安。

株式投資情報/株式市況 | 株ブログ


ニューヨーク株式市場 15日


15日のニューヨーク株式市場は反落となった。
ダウ工業株30種平均は前日比62ドル68セント安の8268ドル64セント、ナスダック総合株価指数は9.07ポイント安の1680.14で取引を終えている。

週末ということもあり、利益確定の売りが優勢となったほか、需要をめぐる懸念で原油価格が下落したことからエネルギー株が売られ、一連の
明るい米経済指標を受けた上昇を相殺した。

消費者物価指数(CPI)やミシガン大消費者信頼感指数などの経済指標を受けて米国の景気後退は緩和しつつあるとの期待が高まり、株価は序盤は上昇したが、それを維持することはできなかった。

ダウ平均は週間で306ドルの下げ幅となり、3週ぶりの下落となった。


エネルギー株に加え、前日に上昇が目立った金融株も軟調。

金融機関のストレステストなどが終わり、材料出尽くし感から売りが出ているとの見方もある。


<シカゴ日経平均先物>

シカゴ日経平均先物6月限(ドル建て)
 終値 9175 (‐ 95)大証終値比

シカゴ日経平均先物6月限(円建て)
 終値 9160 (‐110)大証終値比



NY株反落、62ドル安=金融株主導で
5月16日7時1分配信 時事通信

【ニューヨーク15日時事】週末15日のニューヨーク株式相場は、世界景気の先行き不透明感を背景にした原油安を受けてエネルギー関連に売りが出たほか、一部大手金融機関の経営健全化の遅れを嫌気して反落した。ダウ工業株30種平均は前日終値比62.68ドル安の8268.64ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は9.07ポイント安の1680.14で引けた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090516-00000019-jij-int


■ニューヨーク株式市場、寄り付きは!?

株式投資情報/株式市況 | 株ブログ


■ニューヨーク株式市場 14日


14日の米株式市場寄り付きは反発。

ダウ工業株30種平均は、前日比34ドル56セント高の8319ドル45セント、いナスダック総合株価指数は同15.14ポイント高の1679.33で推移している(午前9時35分現在)。

前日に大幅下落となった後とあって、値ごろ感や自律反発狙いの買いが先行している。

ただ、週間の新規失業保険申請件数が市場予想よりも増加したため、雇用不安が改めて意識されている様子で相場の重しとなっている模様。



<米新規失業保険申請件数>

米新規失業保険申請件数は予想上回る増加、自動車工場閉鎖が影響
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090514-00000193-reu-bus_all

[ワシントン 14日 ロイター]
米労働省が発表した5月9日までの週の新規失業保険申請件数は前週比プラス3万2000件の63万7000件と予想を上回って増加した。クライスラー破たんに伴う自動車工場の閉鎖が影響した。

前週と前々週の申請件数は減少していた。

同省当局者は、増加の大部分は自動車業界の影響が大きい州での申請だと指摘した。

ロイターがまとめたアナリスト予想は61万件に増加だった。

基調をみる上で参考になる4週間移動平均ベースの申請件数は6000件増の63万0500件となった。前週まで4週連続で減少していた。

5月2日までの週の受給総数は前週比20万2000件増の656万件と15週連続で過去最高を更新した。4月25日までの週は636万件に修正された。

5月2日までの週の受給者比率は前週の4.8%から4.9%に上昇し、1982年12月以来の高水準となった。

★13日のニューヨーク株式市場、大幅安で開始!

株式投資情報/株式市況 | 株ブログ


★ニューヨーク株式市場:13日前場


13日のニューヨーク株式市場は大幅安で寄り付き。

午前9時35分時点でのダウ工業株30種平均は、前日比129ドル58セント安の8339ドル53セント、ナスダック総合株価指数は同18.91ポイント安の1697.01で推移している。

4月の米小売売上高が予想外に弱かったことを受け、米景気底入れへの期待が後退し、売りが優勢となっている。


<4月の米小売売上高>

13日、米商務省が発表した4月の小売売上高(季節調整済み、速報値)は3376億7700万ドル(約32兆5000億円)と、前月に比べ0.4%減少。

2カ月連続での前月比マイナスとなった。

減少率は3月の1.3%減(改定値)から縮小したものの、市場予測平均の0.1%増を下回る結果となった。


<4月の輸入・輸出物価指数>

13日、米労働省が日発表した4月の輸入・輸出物価指数で、輸入物価指数が前月比1.6%上昇。

石油価格が7年超ぶりの大幅な上昇となったことが背景。
輸入物価指数の上昇は2カ月連続。

前月は0.2%の上昇に修正された。

ただ、前年比では16.3%減少と過去最大の低下率となった。
比較的弱い世界需要を考慮すると、インフレが短期的な問題となる可能性が低いことを示している。

輸出物価指数は前月比0.5%上昇。
前年比では6.8%の低下。

★米株式市場(8日)、大幅反発で始まる!

株式投資情報/株式市況 | 株ブログ


8日のニューヨーク株式市場は大幅反発で始まった。

午前9時35分現在のダウ工業株30種平均は、前日比103ドル87セント高の8513ドル72 セント、ナスダック総合株価指数は同17.45ポイント高の1733.69で推移している。

前日発表されたストレステスト(健全性審査)の結果が予想の範囲内だったと受け止められ、警戒感が和らいだことから金融株を中心に買いが入っている。

ただ、4月の雇用統計で非農業部門の雇用者数が前月比53万9000人減と減少幅は市場予想(61万人)より少なかったものの、失業率が8.9%と前月から0.4ポイント上昇したことなどから、米労働市場の厳しさが改めて意識されたことが上値を重くしている模様。


資産査定で、339億ドルの資本増強が必要になると指摘されたバンク・オブ・アメリカは6%の上昇。

同様に資本不足の可能性を指摘された地銀大手フィフス・サード・バンコープも高い。

発行済みの優先株の普通株転換の規模を従来予定より拡大することを発表したシティグループは5%高。

前日夕に発表した1〜3月期決算で最終損益が43億5300万ドルの大幅赤字となったAIGは3%超の上昇。

1〜3月期の最終赤字が前年同期比で拡大したファニーメイも買い先行で始まっている。


8日の東京株式市場の引け後に2009年3月期の連結決算(米国会計基準)で最終損益が4396億円の赤字となり、10年3月期も最終赤字となる見込みを発表したトヨタの米預託証券(ADR)は1%下落。

★ニューヨーク株式市場、反落。ストレステスト結果を懸念。

株式投資情報/株式市況 | 株ブログ


★ニューヨーク株式市場、反落。ストレステスト結果を懸念。


ダウ工業株30種(ドル)終値 8410.65(‐16.09)
ナスダック総合     終値 1754.12(‐ 9.44)
S&P総合500種   終値  903.80(‐ 3.44)


5日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに小反落。
終値は前日比16ドル09セント安の8410ドル65セント。
前日が大幅高となったこともあり、利益確定売りが優勢となった。


米大手銀行に対するストレステスト(健全性審査)の結果をめぐる懸念が圧迫。
7日にも公表されるストレステストの結果に関し、米政府が19行のうち10行程度に資本増強を指示するとの報道があり、前日に急伸していた金融株の一角が売りに押された。

また、原油価格の下落を受けてエネルギー株が売られた。

ハイテク、銀行、住宅建設、大手製造業など過去2カ月間の上昇を主導してきたセクターを含む幅広い銘柄に売りが出た。


ナスダック総合株価指数は5営業日ぶりの反落。
9.44ポイント安の1754.12で取引を終えた。



■シカゴ日経平均先物(5日)

シカゴ日経平均先物6月限(ドル建て):終値 9350(+320)
シカゴ日経平均先物6月限(円建て) :終値 9315(+285)

大証日経平均先物6月限        :終値 9030(5月1日)


ニューヨーク株式市場(1日):反発。2月9日以来の高値に。

株式投資情報/株式市況 | 株ブログ


国内は大型連休(ゴールデンウィーク)のため、6日まで休場です。

香港や韓国など、アジアでも豚インフルエンザの感染が確認されるなどの報道も入っていますね。


とりあえず昨晩のニューヨーク株式市場について見てみましょう。

1日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は反発。
終値は、前日比44ドル29セント高の8212ドル41セントと、2月9日以来の高値に。
ナスダック総合株価指数も同1.90ポイント高の1719.20と、小幅ながら2008年11月上旬以来の高値を更新。

この日発表された、4月のISM製造業景気指数が40.1と、景気を見極めの分岐点となる50は下回ったものの、4カ月連続で改善。

また、4月の米ミシガン大消費者信頼感確報値も65.1と前月の57.3から大幅に改善。
リーマン・ブラザーズが破綻した2008年9月以降では最も高い水準。

米景気回復への兆しが示され相場を支えた。
原油価格の上昇からエネルギー株が買われた。


週足では、ダウが1.7%、ナスダックが1.5%、S&Pが1.3%それぞれ上昇。

ナスダックにおいては、8週連続上昇となり、週間ベースでは1999年12月以降で最長となった。


一方で、米大手銀行19行が対象のストレステスト(健全性審査)の結果発表を7日午後に延期するとの発表が嫌気され、アメリカン・エキスプレスは3.7%安となり、ダウを押し下げた。

延期発表は、銀行の追加増資の必要性を意味している可能性があるとの懸念が、投資家の間に広がった模様。


■ニューヨーク株式市場(28日)・続落。金融機関財務不安、豚インフル懸念。

株式投資情報/株式市況 | 株ブログ


昨晩のニューヨーク株式市場では、ダウ工業株30種平均は前日比8ドル05セント安の8016ドル95セント、ナスダック総合株価指数は5.60ポイント安の1673.81で取引を終えました。

豚インフルエンザの感染拡大への懸念や米金融機関の財務内容への不安を受けて、3年超ぶりの大幅な上昇となった4月の米消費者信頼感指数やIBMの増配などの好材料を相殺するかたちになった。



NY市場サマリー(28日)

<為替> ドルが対ユーロで下落。米経済指標に経済状況の改善が見られ、安全資産としてのドル需要が低下した。また欧州中央銀行(ECB)当局者の発言でECBの量的緩和実施をめぐる観測が後退し、対ユーロでドルが売られた。
 豚インフルエンザ感染拡大で最も影響を受けているメキシコ・ペソは一時、対ドルでほぼ1カ月ぶり安値となる14.135ペソに下落した。

<債券> 下落。米消費者信頼感指数の上昇や大規模な国債入札をめぐる懸念が圧迫した。指標10年債利回りは、一部で米連邦準備理事会(FRB)の防衛ラインとみなされている3%を上抜けた。

<株式> 続落。一部大手銀の増資の必要性をめぐる懸念が再燃し、比較的心強い内容となった指標やIBMが発表した増配のニュースを相殺した。

<金先物> 利益確定の売りに大幅続落し、中心限月6月物は1オンス=893.60ドルと、前日終値(908.20ドル)比14.60ドル安で終了した。終値で900ドルを割り込んだのは22日(892.50ドル)以来約1週間ぶり。立会取引のレンジは885.50―894.00ドルだった。

<原油先物> 豚インフルエンザの感染拡大で景気先行き不安が強まり、原油需要の一段の落ち込みにつながるのではないかとの懸念が広がって続落。米国産標準油種WTIの中心限月6月物は、前日終値比0.22ドル(0.44%)安の1バレル=49.92ドルで終了した。7月物は0.43ドル(0.83%)安の51.09ドルだった。

[東京 29日 ロイター]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090429-00000607-reu-brf



<関連記事>

三井住友 日興コーデ買収、週内合意へ 総合金融の悲願へ前進
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090429-00000086-san-bus_all

クライスラー債務圧縮 破綻回避強まる 米財務省と債権者合意
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090429-00000080-san-bus_all

<米クライスラー>破綻回避の見通し 債権者団、譲歩で合意−−米紙報道
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090429-00000003-maiall-bus_all

ホンダの出資受け入れ=公的資金も申請へ―パイオニア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090428-00000361-jij-biz

★GMショック!?

株式投資情報/株式市況 | 株ブログ

− − −  P  R  − − −
次項有2億を作った超短期仕手株投資法【完全返金保証付き】
− − − − − − − − − −


GM、やばそうですね・・・。
ドル円も96円台に突入、下げ止まらず。
(16:40現在 96.14前後)

今晩のニューヨーク株式市場は、暴落必至か!?


<GM関連ニュース>

米政府の自動車作業部会、GMとクライスラーの再建計画受け入れ拒否
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090330-00000601-yom-bus_all

[ワシントン 30日 ロイター]
オバマ米政権の自動車作業部会は30日、ゼネラル・モーターズ(GM)とクライスラーの再建計画の受け入れを拒否した上で、負債削減のため破産処理を行う可能性もあると明らかにした。

ある米政府当局者は匿名を条件に「われわれは残念ながら、両社のプランはどちらも現実的ではなく、彼らが求めている多額の追加投資は正当化できないとの結論に達した」と述べた。

作業部会はGMが求めていた最大300億ドルの融資を行う代わりに、今後60日分の運転資金だけを拠出する方針を示し、GMに対し、新たな経営陣の下でさらに大規模な再建計画を策定するよう求めた。

クライスラーに関しては、30日以内にフィアットとの提携を完了させない場合、追加支援を打ち切るとした。

オバマ大統領は30日に、作業部会がまとめた自動車各社の救済計画を正式に発表する。

作業部会は、クライスラーが単独で存続可能とのサーベラス・キャピタルの主張を拒否した。報告書によると、作業部会は、クライスラーが財務省に提出した計画について「非現実的、もしくは過度に楽観的」と指摘した。

クライスラーは、既に受け取った40億ドルの救済資金に加え、50億ドルの追加支援を要請している。

政府当局者によると、仮にクライスラーがフィアットとの提携を完了させ、債権者や労働組合とコスト削減で合意できれば、政府は最大60億ドルの追加支援を検討する。


GMワゴナー会長、退任は政府の要求
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090330-00000016-rps-ind
3月30日16時10分配信 レスポンス

米GM(ゼネラルモーターズ)は30日、同日付で退任したリック・ワゴナー会長兼CEOの声明文を発表した。

この中でワゴナー前会長は、先週末27日にワシントンで行った政府との再建協議の席上、「身を引くよう」求められ、応じることにしたと説明した。後任にフリッツ・ヘンダーゾン氏が決まったことについては「素晴らしい選択」としたうえで、「われわれのリストラを達成する理想の人物」と指摘した。

また世界の従業員向けに「私が強調したいのは、皆さんの素晴らしい発想は私の誇りであるということであり、深く感謝したい」と謝辞を贈った。そのうえで、GMは語りつがれてきた歴史をもつ「偉大な会社」であり、その将来をいぶかる人は無視しようと呼びかけた。



− − −  P  R  − − −
次項有2億を作った超短期仕手株投資法【完全返金保証付き】
− − − − − − − − − −

■ニューヨーク株式市場市況(6日):ダウは小幅に反発。

株式投資情報/株式市況 | 株ブログ


■ニューヨーク株式市場市況(6日)


6日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に反発となった。

終値は、前日比32ドル50セント高の6626ドル94セント。

ダウ平均は、週初から大幅に下落していたことから値ごろ感などを受けた買いが優勢となった。

ただ、2月の米雇用統計の結果が労働市場の悪化を裏付けるものとなったことや金融システムへの根強い不安を受け、大幅に下落する場面もあった。

一時ダウとS&Pは12年ぶりの安値をつけたが、引けにかけては、ダウ平均とS&Pが上昇に転じ、原油価格高の影響からエネルギー関連株が買われ、ハイテク株の下落を相殺した。


ハイテク比率の高いナスダック総合株価指数は続落となり、5.74ポイント安の1293.85で取引を終えた。

ナスダック指数は2003年3月以来の安値。



英大手銀行のロイズ・バンキング・グループが資産保護スキームについて英政府と合意したとのウォール・ストリート・ジャーナル紙の報道をきっかけに金融株が下げ幅を縮小。


アップルが4%安となるなど、ハイテク株が売られた。


石油輸出国機構(OPEC)が追加減産を実施するとの観測を背景に米原油先物が4.4%高となったことからエネルギー株が上昇。

シェブロンは3.2%、エクソン・モービルは2.9%の上昇。


金融株は、JPモルガンが4%安、ゴールドマン・サックスは7.4%
安。

  − − −  P  R  − − −
  次項有2億を作った超短期仕手株投資法【完全返金保証付き】
  − − − − − − − − − −

応援ありがとうございます!ポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

  

スポンサード リンク


image160a.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。